作用素環

2 非可換幾何学入門 ぱらぱらめくる『非可換幾何学入門』

この章の目的は、以下を示すこと 古典的な空間概念の定式化は、集合Xおよび、Xと実数直線Rとの関係から始められた 実解析学において、そのやり方には限界がある 空間XとRとの関係の場合分け(とそれに登場する古典的概念) 可測空間 位相空間 可微分多様体 距…

1 序論 ぱらぱらめくる『非可換幾何学入門』

空間と幾何って言ったら、ふつう、「広がりがある〜隣関係がわかる」ものを対象にし(位相幾何)、そこに「長さとか面積とか言った「測りもの(測度)」がある。この「測りもの」をするには、微分形式(この方向には、こういう具合で長さを測るよ)を張り付ける 以…

はじめに ぱらぱらめくる『非可換幾何学入門』

代数幾何は、『幾何学的な空間と可換環論との関係をあきらかに』した(代数幾何は、××=0が幾何学的オブジェクトを表していることを意味していて、その=0の等式を解くことが代数幾何とする。その等式を解くときの代数構造が可換環) 本書は、(実解析学の範疇で)…

ぱらぱらめくる『非可換幾何学入門』

非可換幾何学入門作者: A.コンヌ,丸山文綱出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1999/08/27メディア: 単行本 クリック: 3回この商品を含むブログ (1件) を見る 関連記事 この本に関するメモ 量子力学における抽象と具体 目次 はじめに 第1章 序論 第2章 非可…

ぱらぱらめくる『数学者のための量子力学入門』

こちらにPDF。 作用素環がわかりたい(こちらで少し前におおざっぱにぱらぱらした) 量子力学を入り口にすると良さそうで、量子力学の表現方法のうち行列力学がよさそうであることはWikipediaの作用素環の記事からわかったので… 1 はじめに 「量子力学」を「有…

ぱらぱらめくる(めくれるか)『作用素環入門 I II』

作用素環入門〈1〉関数解析とフォン・ノイマン環作者: 生西明夫,中神祥臣出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2007/04/20メディア: 単行本 クリック: 10回この商品を含むブログ (3件) を見る作用素環入門〈2〉C*環とK理論作者: 生西明夫,中神祥臣出版社/メーカ…

作用素環

作用素環というのがあるらしい。日経サイエンスにインタビュー記事。記事に3秒、目をやっただけで好きなことがわかった 京大の先生 Wiki 作用素環入門〈1〉関数解析とフォン・ノイマン環作者: 生西明夫,中神祥臣出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2007/04/2…