疎行列

pythonで疎行列

リンク

私のための3次元閉曲面の共形変換

Rmdファイル 拡充して、こちらに移動 --- title: "球面の変形〜Rで学ぶ曲面の四元数共形変換" author: "ryamada" date: "Saturday, April 04, 2015" output: html_document --- # 球面の変形〜Rで学ぶ曲面の四元数共形変換〜 # 使用するパッケージ一覧 ```{r…

Rで曲率指定的な曲面共形変換変形

ここ数日(数週間?)C++で書かれていて、MATLABにはすぐ連結する(らしい)疎行列ライブラリSuiteSparseを用いて離散微分幾何的アプローチの曲面変形について、調べてきた RにもSuiteSparse準拠の疎行列用パッケージMatrixがあるので、それに連結してみようとい…

疎行列で逆冪乗法

逆冪乗法では、逆行列を出して、初期ベクトルに対して、それを何度か掛けて近似解を出す 逆行列の計算が重いので、逆行列を先に計算して、それを繰り返し使うというのが、普通のやり方 ただし、疎行列の場合には、それをやると、逆行列が、疎行列ではなくな…

疎四元数行列の実行列版

四元数行列は、個々の四元数を4x4行列と見立てて、行・列、ともに4倍にした実行列にしてから、実数計算に持ち込む 今、10x10の四元数疎行列に相当するデータを作る 10要素だけが非0として、整数係数ランダム四元数を10個作り、それを実、i,j,k成分ごと…

疎行列要素への繰り返し処理

昨日の記事では、曲面の変形・共形変換・スピン変換をRでなぞってみているが、その中で、疎行列を扱っている 三角化メッシュの辺の両端頂点IDを番地とする行列を疎行列で作り、その要素を辺が含まれる三角形の数だけ操作をしたいのだが 何回の操作になるのか…

疎行列処理はアドレス重複が苦手

昨日の記事では、曲面の変形・共形変換・スピン変換をRでなぞってみているが、その中で、疎行列を扱っている 三角化メッシュの辺の両端頂点IDを番地とする行列を疎行列で作り、その要素を辺が含まれる三角形の数だけ操作をしたいのだが 何回の操作になるのか…

使ってみる〜疎行列計算、SuiteSparse for R

さて、うんちくは前の記事に任せて、使ってみることにしよう まずは、密行列と疎行列のうちの、密行列の扱い 密行列 形に応じて、7種類の密行列オブジェクトを用意している dgeMatrix:普通の実数行列を普通に保管 dsyMatrix:実対称行列を圧縮しないで保管 d…

疎行列計算、SuiteSparse for R

疎行列は大規模なデータで扱いたくなる SuiteSparseはこちら。MATLABを想定したCでの実装 その実装についての本もある Direct Methods for Sparse Linear Systems (Fundamentals of Algorithms)作者: Timothy A. Davis出版社/メーカー: Society for Industri…