ミンコフスキー空間

  • \phi(\mathbf{x},\mathbf{y}) = \mathbf{x}^T \Sigma \mathbf{y}によって内積が決まっている空間を考える
  • ただし\Sigmaは対角行列で、d-1個の1と1個の-1とが対角成分とする
  • このミンコフスキー空間\phi(\mathbf{x} - \mathbf{y} ,\mathbf{x} - \mathbf{y} ) =\phi(\mathbf{x},\mathbf{x}) + \phi(\mathbf{y},\mathbf{y}) - 2\phi(\mathbf{x},\mathbf{y})がすべての点のペアについて0以上になるようにすると
  • d-1次元多様体が現れる