ブラウン運動

  • 確率過程の例としてブラウン運動から始まった
  • ポアッソンノイズも例として出てきた
    • ポアッソンノイズは「単純ポアッソンノイズ」「複合ポアッソンノイズ」と整備されていった
  • でも結局、すべての基本はブラウン運動で、ブラウン運動にもとづいて、すべてを記述できるのではないか、というところまで来ている
    • その「すべてを記述できるのではないか」というときの記述法が『ホワイトノイズ汎関数』で、数学セミナー2012年6月号の『時空と偶然』第2回の記事